共演者のブログ

2018年4月からフリーランスでピアノを弾き始めた人のブログです。伴奏者や共演者をお探しの方は、ぜひ一緒に演奏しましょう。          【Mail】collaborate_piano@yahoo.co.jp

【雑談】JASRAC

こんにちは。

今回は、ニュースになっている

JASRACの潜入捜査について

ふれてみようと思います。

news.yahoo.co.jp

 

JASRACとは、

音楽を使用する際に生じる

著作者への著作権料支払いなどを

管理している、

日本音楽著作権協会です。

 

著作権料とは、

著作者などが申請した曲を

他の人が演奏する場合に発生するものです。

また、著作者の死後50年間は

使用料が発生するという規則がありました。

それが、昨年から70年になりました。

詳細は文化庁をHPを参照してください。

www.bunka.go.jp


今回の問題は、

音楽教室で曲を使用する場合、

JASRACが管理する曲には

使用料が発生するというもので、

そのルールに違反していないか

JASRACの職員が潜入捜査をしていた

ということでした。

音楽教室でのレッスンをする/受けるだけで

使用料が取られるということでしょうか。

発表会をするのであれば、

使用料を払うのは

分からなくもないですが、

学びの場での発生はどうなんでしょうか。

 

学校教育では基本的には、

著作物の引用などで使用料は発生しません。

音楽教室も似たような性質をもつと思います。

私も音楽の仕事をしているので、

作曲家や作詞家が生きていくには

そのような徴収もやむを得ない

というのは分かりますが、

使用する場所がどのような性質をもつのか

ということは考慮するべきだと思います。

使用料徴収については

これからも課題になりそうですね。

 

半年前に出版された

著作権などについての書籍で、

情報も最新のものを使って

読みやすかったので、

興味ある方は読んでみてください。

音楽はどこへ消えたか? 2019改正著作権法で見えたJASRACと音楽教室問題

音楽はどこへ消えたか? 2019改正著作権法で見えたJASRACと音楽教室問題

 

 

みなさんは、どう考えますか。

意見をお聞かせください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【演奏会】龍谷大学吹奏楽部 サマーコンサート

こんにちは。

先日、びわ湖ホールで行われた

龍谷大学吹奏楽部のサマーコンサートに

行ってきました。

 

一部では、コンクールの課題曲や

「交響的断章」「ダンス・ムーヴメント」といった

大曲が並びました。

どれも聴きごたえがあり、

素敵な音が響いていました。

 

二部は、ジャズクラリネット奏者の谷口英治さんを

ゲストに迎えて、

ディスコ・キッドなどジャズのナンバーが

演奏されました。

部員とのアドリブ対決もあり

とてもテンションがあがりました。

 

三部は、ステージ・マーチングでした。

今年は、「エリザベート」でした。

ガードやダンスなど、見所がたくさんあり、

エリザベートの世界に浸ることができました。

 

サマコンに行くのは6年目ということで、

毎年、レベルの高い演奏を聴くことができるので

楽しみにしています。

すでに、来年が待ち遠しいです。

12月には定期演奏会が大阪であるので

ぜひ行きたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【雑談】Drum Dances

こんにちは。

今回は、ドラムとピアノの曲です。

音量が大きいので

聴くときは気を付けてください。

1・3・4楽章が「動」で

2楽章が「静」です。 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

この曲は、ジョン・ササスが作曲した

『Drum Dances』です。

ドラムの音が大きくて

ピアノの音が演奏者自身も聞こえにくいので

マイクを使って音量を上げて演奏します。

そのことは確かですが、

楽譜にも書かれていたような気がします。

 

これまでも私が演奏してきた曲を

紹介しているのですが、

この曲は圧倒的に難しくて大変だった

記憶に残る曲1位と言えます。

リズムアンサンブルが難しく

最初はかみ合わないのですが、

最後はドラムとピアノが

しっかりと合うようになっています。

ピアノの音域をフルに使った曲と言えます。

 

オペラなどの伴奏とは違って

ジャズなどの要素も入っているので、

演奏できるようになったら

本番はとにかく楽しいです。

それぞれに見せ場があって

アップテンポの中で繰り広げられる

技巧的な場面は、

テンションが上がります。

 

ぜひ楽譜も見てみてください。

在庫切れかもしれないですが。 

www.bluemallet.com

 

bluemallet は、打楽器用品が

とても安くで購入できます。

私もマレットをたくさん買いました。

ぜひご利用ください。

 

伴奏というよりも共演・セッション

といった方が良いかもしれません。

このような曲をする機会は

多くはないので、

とても勉強になりました。

完成までの道のりが長いと

それなりに達成感を味わえて

楽しいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【雑談】ブルーマングループ

こんにちは。

先日、ブルーマングループの公演に

行ってきました。

なんだそれ!と思った方は

こちらを見てください。

www.blueman.jp

 

私がブルーマングループを知ったのは

題名のない音楽会に出演しているのを

見た時です。

この時は、作曲の手順について

分かりやすく教えてくれました。

一切言葉を発さず、青と黒に包まれた

インパクトのある見た目です。

www.youtube.com

 

排水管を使ったり

太鼓に塗料を流して叩いたり、

世界中を探しても

おそらく彼らだけのパフォーマンスです。

前列は塗料が飛んで付かないように

ポンチョが配布されて、

より近くで楽しむことができます。

 

公演は休憩なしの100分間で、

客席に降りてきたり

観客を巻き込んだ演出があったりと、

とにかく楽しくて興奮しました。

プログラムは、とても大きくて

記念に購入しました。

また来日したら必ず行きいたいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【雑談】グリーグ:ピアノ協奏曲

こんにちは。

先日、グリーグのピアノ協奏曲の演奏会に

行ってきました。

私がお世話になっている先生が演奏するので

楽しみにして行きました。

www.youtube.com

 

この曲の生演奏は初めて聴きました。

最初からかっこいいですよね。

1楽章後半のピアノだけのとろこが

特に好きです。

ピアノは弾くとすぐ音が出ますが、

弦楽器や管楽器はラグがあるので

オケとピアノを合わせるのは

難しそうですね。

ピアノ弾きでれば

一度は協奏曲を弾いてみたい

と思うのではないでしょうか。

 

ピアノは特に暗譜が必須ですが、

協奏曲ともなると

更に覚えることが多いと思います。

最近、暗譜の文化をテーマにした

短い文章を見つけました。

暗譜は必要かという内容でしたが、

人それぞれ考え方があるので

一概に良し悪しをいうのは難しいです。

全曲暗譜で最初に演奏会をしたのは

確かリストだったと思いますが、

いずれにせよ、本番で演奏するのは

どの楽器も大変なことです。

 

協奏曲は他にも たくさんあるので

色んな曲を聴いていきたいです。

また、演奏会で生の演奏を聴きたいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【雑談】ウィーン少年合唱団

こんにちは。

先日、ウィーン少年合唱団の演奏会に

行ってきました。

現在、日本オーストリア友好150周年で

全国で演奏会をしています。

www.japanarts.co.jp

 

「天使の歌声」と言われていますが、

本当にその通りだと思いました。

歌だけでなく、

曲に合わせて小物楽器なども使っていました。

いつかは生で聴きたかったので

本当に感動しました。

曲目などは、先のリンクを参考にしてください。

 

指揮者や子どもたちが曲紹介を日本語でしていて、

とても可愛いかったです。

プログラムを販売していて、

記念に購入しました。

キラキラと光っていて、

綺麗なプログラムでした。

 

私は、演奏会の静寂が好きなのですが、

演奏中に咳をしたり

曲が始まる前に音がしていたりすると、

少し気持ちが緩んでしまいます。

また、曲が終わって直ぐの拍手も

曲によりますが、

あまり好きではありません。

曲の余韻やホールの響きも

しっかり楽しみたいなと思うのですが、

こればかりは

どうしようもないですね。

 

機会があれば、また行きたいです。

来月も以前から楽しみにしている演奏会に行くので

記事にしたいと思っています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【雑談】新体操 

こんにちは。

今回はダンスシリーズ関連で

新体操についてです。

ダンスシリーズは

こちらの記事をご覧ください。

 

music18instruments.hatenablog.com

  

music18instruments.hatenablog.com

  

music18instruments.hatenablog.com

 

新体操というとタンブリングなど

技を思い浮かべたり、

内村航平白井健三などの人を

イメージしたりと色々かと思います。

数年前に偶然見つけた新体操の動画が

とても印象に残っているので

みなさんに紹介します。

 


大学生が演じた新体操が世界で大絶賛

 

青森大学の演技です。

音楽と技の美しさに心を奪われます。

何の曲かは分かりませんが、

演技の柔らかさや力強さと音楽が

リンクしていて、

定期的に見たいと思う動画です。

この演技は、若くして亡くなった

先輩へ捧げるものでもあったそうです。

 

音楽はスケートや応援歌など、

スポーツの世界でも多く使われています。

それだけ音楽には力があるということだと

私は思います。

音楽を通して、音楽だけではなく

スポーツなど幅広く興味を持つ人が

一人でも増えたら、

もっといろんなことを楽しめるのではと

考えています。

無限の力を持った音楽は素敵ですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。