共演者のブログ

2018年4月からフリーランスでピアノを弾き始めた人のブログです。伴奏者や共演者をお探しの方は、ぜひ一緒に演奏しましょう。          【Mail】collaborate_piano@yahoo.co.jp

【雑談】トルコ行進曲

こんにちは。

今回は、トルコ行進曲についてです。

モーツァルトベートーヴェン

トルコ行進曲が有名ですね。

これらをアレンジしたものが

いくつかあります。

 

まずはファジル・サイ版です。

ジャズの要素を取り入れており、

とてもカッコいい編曲です。

www.youtube.com

 

続いて、ヴォロドス版です。

こちらは、豪華で華やかになっていたり

同時に二つの旋律が出てきたりと、

面白い編曲になっています。

www.youtube.com

 

次は2台ピアノに編曲された

山本己太郎 版です。

内部奏法を使っており、

こちらも独自のアレンジです。

www.youtube.com

 

次はベートーヴェントルコ行進曲です。

こちらは、リストが編曲しており、

アテネの廃墟」の主題によるトルコ風カプリッチョ

というタイトルです。

モーツァルトとは違った きらびやかさ が

あります。

www.youtube.com

 

ピアノだけではなく、

歌のトルコ行進曲もあります。

こちらは、言わずと知れた

由紀さおり安田祥子の有名な演奏です。

素敵な歌声で、これも好きです。

www.youtube.com

 

最後は、岸本ごめい 版です。

シャンソン歌手で、パリ祭に出演しており

東京でディナーショーも開いている方です。

トークがとても面白くて、

ショーでは弾き語りもされています。

www.youtube.com

 

いかがでしょうか。

トルコ行進曲の人気さが分かりますね。

他にもあるのでしょうか。

ここまで、いろんな人が編曲している曲も

なかなかないような気がします。

ピアノ版は、どれも楽譜は入手可能なので

ぜひ挑戦してみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【雑談】トリオ・パー・ウノ

こんにちは。

今回は打楽器アンサンブルです。

これまでの記事は、

こちらをご覧ください。

 

music18instruments.hatenablog.com

 

music18instruments.hatenablog.com

 

music18instruments.hatenablog.com

 

 

ジヴコヴィッチ:トリオ・パー・ウノ

(1楽章のみ)

www.youtube.com

 

打楽器3重奏の中では、

とても有名なアンサンブル曲です。

中心に3人共通の太鼓を置いて

演奏する、

視覚的にも面白い曲です。

1.3楽章は

リズムアンサンブルで、

2楽章は鍵盤楽器を使った

神秘的な雰囲気になっています。

 

イタリア語で

トリオは、3

パーは、ために

ウノは、1

が直訳で、

3人で1つになるという意味があります。

 

楽譜が在庫切れになっているところが多く、

入手するには

現在所有しているところから借りる方が

現実的なようです。

難易度が高い曲ですが

やはり人気はあるので、

ぜひ挑戦してみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【雑談】華円舞

こんにちは。

今回は金管アンサンブルの曲を

紹介します。

これまでのアンサンブル記事は

こちらをご覧ください。

 

music18instruments.hatenablog.com

  

music18instruments.hatenablog.com

 

今回の曲は、金管8重奏曲で

吹奏楽のための「風之舞」などで有名な

福田洋介さんの曲です。

 

福田洋介:華円舞

www.youtube.com

 

タイトルの通り、

明るく賑やかな印象です。

金管アンサンブルは、

華やかな響きが特徴ですね。

ザ・ブラスといった感じでしょうか。

強弱などのメリハリが明確で

ダイレクトに音が届くので、

金管アンサンブルは

カッコいいと感じる人も

多いのではないでしょうか。

 

この曲は吹奏楽版もあります。

8重奏とはまた違った感じがします。

個人的にはアンサンブルの方が

グルーブ感が出ていて、好みです。

打楽器などのアクセントが足されている点は、

吹奏楽らしくなっていると思います。

www.youtube.com

 

アンサンブル曲もたくさんあるので、

少しずつ紹介したいです。

吹奏楽の演奏会は頻繁に見ますが、

アンサンブルの演奏会というものは

あまり目にしないような気がします。

ぜひ、アンサンブル演奏会も

増えて欲しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【雑談】赤の大地

こんにちは。

先週に続いてアンサンブル曲についてです。

 music18instruments.hatenablog.com

 

今回は打楽器アンサンブルです。

好きな曲はたくさんありますが、

『赤の大地』を紹介します。

まずは、演奏をお聴きください。

 

www.youtube.com

 

打楽器のアンサンブルには

鍵盤楽器を使ったものや

太鼓系を使ったものなどがありますが、

この曲は太鼓系を使ったアンサンブルです。

鍵盤楽器ほど音程がないので、

リズムアンサンブルとなり、

リズムで聞かせる曲だと思います。

 

衝撃的な印象で始まり、

強弱の幅がかなりあります。

そして、常に細かい音がなっています。

アクセントが各パートでずれて出てくるので

面白いです。

太鼓のドンという力強い音から

ボンゴなどの高く響く音まで

色々な楽器を使っているので、

太鼓の魅力がつまっています。

 

この曲をやってみたかったのですが、

残念ながら演奏する機会がないまま

卒業してしまいました。

鍵盤楽器を使ったアンサンブルもたくさんあり

打楽器のアンサンブルは

出来ることが多いと思っています。

アンサンブルの演奏会は

あまり行くことがないので、

行きたくなってきました。

いつかレポート出来ると良いなと

思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【雑談】スリー・ラテン・ダンス

こんにちは。

ただいま、アンサンブルコンテストシーズン

ということで、

今回はアンサンブルの曲です。

クラリネット四重奏

『スリー・ラテン・ダンス』を紹介します。

まずは演奏をお聞きください。

(5分までです)

 

www.youtube.com

 

私が初めて聞いたのは

六角橋吹奏楽団の演奏ですが、

演奏動画がなかったので

春日部共栄の演奏を載せます。

詳しいわけではありませんが、

クラリネットアンサンブルの中では

一番好きな曲です。

技巧的で映える曲だと思います。

 

アンサンブルは特に一人一人の技術の高さが

求められます。

難しい曲ほど

聴いているとワクワクしますね。

木管のアンサンブルは指回しが大変な曲が

たくさんあります。

カッコ良いですが、

それをアンサンブルするとなると

かなり緻密な練習が必要ですね。

 

私は打楽器をやっていたので、

管楽器アンサンブルの響きに

憧れを持っていました。

もちろん、それぞれに良さがあって

結局はどれも好きなのですが、

打楽器にはない音なので

良いなと思います。

 

クラリネットのアンサンブル曲は

あまり知らないので、

おすすめの曲があれば

ぜひ教えてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【雑談】2019年スタート

こんにちは。

新しい年が始まりました。

昨年は、このブログを始めて、

何か発信出来ないかなと

解説や楽曲紹介などをしてきました。

少しずつですが、

皆さんに見ていただける回数が増えてきて、

本当にうれしかったです。

ありがとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

今年は、曲紹介や演奏会レポートを中心に

記事を書く予定にしています。

他に何かリクエストがあったら

ぜひコメントしてください。

お待ちしています。

【雑談】ベートーヴェン=リスト:交響曲第9番

こんにちは。

あっと言う間に2018年も終わりです。

この一年、いろんなことがありました。

来年は、新元号になったり消費増税があったり

大きな出来事がありますが、

より一層頑張りたいですね。

 

さて、今年最後の記事は、

年末と言えばこの曲ということで

ベートーヴェンの第9です。


交響曲第9番《合唱付き》 (ベートーヴェン)

 

 

この曲はオーケストラ+合唱の形態になっており、

出演者に関係する人が演奏会に来て

集客できるのではということで

年末に演奏されるようになったと言われています。 

また、CDの最大記録時間の設定は

この曲が基準になったことも有名ですね。

 

第9はベートーヴェン=リストで2台ピアノ版に

編曲されています。

私も4楽章の終わりの方だけ演奏したことがあります。

楽譜はネット上で見ることができます。

いつか全て演奏してみたいなと思っています。


ベートーヴェン(リストによる2台ピアノ編): 交響曲第9番 ニ短調 Op.125 「合唱付き」 - 第4楽章(歓喜の歌)[ハイライト][ナクソス・クラシック・キュレーション #ジルベスター]

 

全楽章演奏したものはこちらです。


Beethoven-Liszt:Symphony No.9 for 2 pianos

 

とてもエネルギーに満ちていて、

ベートーヴェンの意思の強さや

世界が広がる幸福感を感じられますね。

12月に入ると色んなところで演奏されるので

毎年違った団体の演奏を聴きに行くのも

楽しいかもしれません。

 

4月から解説や演奏会などの記事を

書いてきました。

少しずつですが見てくださる方が増えてきて

本当に嬉しいです。

来年も、私が感じたことや体験したことを

発信出来たらと思っています。

また、リクエストも積極的に取り入れて

もっと楽しい記事を書いていきたいので

ぜひお願いします。

それでは、良い年末年始をお過ごしください。

ありがとうございました。